広告
prev ≪2017 08 │ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031next

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)
先週、両親が遊びに来ていたときに
ドライブがてら、倉吉まで行ってきました。

倉吉メイン450
Nikon D40+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM(以下同)

倉吉で有名なモノといえば、白壁土蔵群・赤瓦

白壁400 くつろぎ400

今月初めに訪れた智頭も情緒あふれる街並みだけど、
この倉吉もなかなかのものでしょ?

これらの建物は江戸~明治に建てられたものが多いらしいんだけど、
なぜかなつかしい感じがするのはなぜなんだろ?
昔ながらのものが、だんだん恋しいお年頃になってきました。
(どんな年頃や?)

手つなぎ眞子450

この日は、じぃじ&ばぁばと手をつないで、ゴキゲンな娘なのでした。
娘、よい祖父母孝行をしたね。
ほめてつかわす!!(笑)

※でも、この写真を見たばぁばは
 わたしの顔が切れてるやん!」と怒ってました(苦笑)

TREviewに参加してみました!よかったら、評価をお願いします!
素晴らしい すごい とても良い 良い

鳥取 | comments(8) | trackbacks(0)


comments
鳥取ってとっても風情あって素敵な所なんですね!!
蔵の横にすぐ川?用水路?が流れてるみたいな風景、
大好きです!
赤瓦もなんとも言えない色でいいですね~

娘ちゃんもじぃじばぁばとお手手繋いで楽しそう♪
いい祖父母孝行ですね^^
鳥取にも赤がわらってあるんですねー!
オキナワだけだと思ってた…
でも、よく見るとオキナワの赤がわらとはちょっとちがう雰囲気だなー

お子さんたのしそう♪
じぃじ、ばぁばもお子さんも楽しい1日だったんでしょうね
うらやましいー☆
倉吉は「昭和レトロ」で売り出し中ですね。
鳥取出身の漫画家、谷口ジロー氏(ヨーロッパで評価が高いそうです)が、倉吉を舞台にした漫画を描かれていて、その場所の探訪ツアーなんかもあるようですよ。
智頭の諏訪酒造は、尾瀬あきら氏の「夏子の酒」という漫画にも登場していて、意外と地味~に鳥取の町は活躍しているようです(笑)
またここも情緒溢れる町並みでいい~!
行ってみたい!
私も昔ながらのものに恋しいお年頃(笑)
そして、娘ちゃんもかわゆいv-344
ホノmamaさんへ
鳥取って、皆さん、砂丘のイメージしかないんですよね。
わたしも住む前はそうでしたから(笑)
ヒトコトでいえば、田舎、なんでしょうが
昔ながらの懐かしいモノがたくさん残っていて、
人もあたたかくて、すごくいい場所だと思います♪
今回は娘も終始ゴキゲンだったので、よかったです~!
18きっぷさんへ
沖縄の赤がわらってどんなんだろう?
もしよかったら、また今度写真で見せてください~!
赤がわらといっても、地域によってさまざまなんですかね?
両親と会っているときに、娘がゴキゲンだとホッとします。
別に誰のせいでもないんだけど、キゲン悪いと申し訳ないですもんね(苦笑)
ふく*たまさんへ
谷口ジローさん、今まで存じ上げませんでしたがすごい方ですね!
(ちょっとググってみました)
鳥取or山陰出身のクリエイティブなお仕事の方って、
けっこういらっしゃいますよね。

夏子の酒!なつかしいなぁ。
ドラマにもなりましたよね。マンガは拝読したことないのですが…。
東郷湖の燕趙園も「西遊記」の撮影が行われたそうだし
こうしてみたら、鳥取スゴイやん!!(笑)
mayuさんへ
情緒たっぷりですよね~。
こういうところに住んだことがあるわけでもないのに、
なんでなつかしく思えちゃうんだろうなぁ?
すごく不思議な感じがします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。