広告
prev ≪2017 08 │ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031next

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)
引き続き、“瀬戸内国際芸術祭2010”の話題を。

犬島を訪れた翌日に向かったのが、直島
岡山・宇野港からフェリーで約20分のところにあります。

nao1500.jpg

いまさら説明するまでもないと思いますが、
直島といえば、アートの島として有名。
国外からの観光客も多いことで知られています。

芸術祭に関係なく、
一度は行ってみたかった島。

このたび、初上陸です。

きょうは直島での様子をお伝えしますね!


***------------------------------------------------------***


直島・宮浦港に着き、
まず、目に飛び込んでくるアート作品といえば。

nao3500.jpg

コレです!
巨大な赤かぼちゃ。

上の写真じゃわかりにくいと思いますが、
このかぼちゃ、中に入ることができるんです。

nao5370.jpg

一見、かぼちゃの模様に見える黒い点は、
ところどころ、穴になっているんですよね。

で、こうして、かぼちゃの中から
外の風景が見えるのです。
なかなかおもしろかったですヨ♪


***------------------------------------------------------***


港を離れ、まず向かったのは“地中美術館”

先に、美術館近くのチケットセンターで
チケットを購入する必要があるんだけど、
平日でも入場規制の整理券が配られていました。

※ワタシたちの待ち時間は15分程度だったけど、
これが休日となると、けっこう待たされるかもしれません。要注意。


nao4370.jpg

肝心の美術館はといいますと、
敷地内写真NGでございます。

※受付で係りの人が何も言わなかったので、知らずに何枚か撮っちゃったよ。
(展示作品以外は撮っていいのかと思ってしまった)
この場を借りて、お詫び申し上げます。


こういうアート作品って、
ヒトによって捉え方も感じ方も違うだろうし、
とにかく、自分自身の五感で触れてほしいな。

そんなことを思った、美術館でした。


***------------------------------------------------------***


さて、お次は“ベネッセハウス”に行くぞーーー!

と、はりきった矢先。

初日の疲れが出たのか?
娘たち、ふたりとも車の中で撃沈……。

起こしてまで行くのもかわいそうなので、
ワタシひとりで行くことになりました。

ベネッセの敷地内は宿泊者以外の車は入れないので、
シャトルバス乗り場がある“つつじ荘”で降ろしてもらい、
シャトルバスを待つ間に…。

nao6480.jpg

これぞ直島!なかぼちゃ。

“瀬戸内国際芸術祭2010”公式ガイドブックの
表紙も飾っているかぼちゃ。

これを撮らずに何を撮る?なかぼちゃ。
(しつこい・笑)

実物を見て、最初はコーフンしたんだけど……。

けっこう唐突なトコロにポツンとあるのよね。
違和感と存在感が奇妙なバランスを保っている感じ。
こういうのが、まさにアートなのかしらね。
ここにあるからこそ、かぼちゃと海と空の競演が見られるわけだし。


***------------------------------------------------------***


かぼちゃに別れを告げて、
シャトルバスで“ベネッセアートミュージアム”へ。

nao11480.jpg

こちらも残念ながら、撮影禁止。

ということで、皆様にはベネッセハウス入口付近から見える、
瀬戸内海の景色をお楽しみください(笑)

nao8480.jpg

で、肝心なミュージアムはどうだったのかというと、
娘たちが気がかりで、超駆け足鑑賞!

イロイロ考える暇もなく、
出てきてしまいました(苦笑)

単にミュージアムに行っただけ、みたいになっちゃった。
まぁ、しかたないよね。
そういうのも覚悟で、コドモを連れて行ってるからさ。


***------------------------------------------------------***


かぼちゃ以外にも屋外作品はあるし、
ほかにも“家プロジェクト”“直島銭湯”なども
見て回りたかったんだけど、
長女がまーーーーーったく起きないので、
あきらめて、岡山に戻ることにしました。

結局、フェリーで岡山に戻ってからも、
しばらくは眠り続けてたなー。
よっぽど、疲れてたのかな(^^;)



そんなこんなで、直島めぐりは幕を閉じました。

結局、今回の芸術祭では、
犬島の精錬所、直島の地中美術館、アートミュージアム、かぼちゃ、
を、見ただけだったなぁ…。

ま、でも、予想通りというか、
行く前からこんなもんだと思っていたので、
自分的には満足しています。

芸術祭は10月末までやっているので、
お金とタイミングがあれば、また行きたいなぁ(笑)

nao2500.jpg


直島ってもっと遠いイメージがあったんだけど、意外と近かったな。

ご訪問いただき、どうもありがとうございます。
皆様のポチがとても励みになっています。




***------------------------------------------------------***


直島って……。

こんなふうに美術館ができて、
アートの島と呼ばれるようになって、
おかげで、いまのようなにぎやかな島になったんだろうけど。

ただそこに在るだけで美しい島なのに、
人工的な要素を持ってくるのが、
少しもったいない気がしました。

アートと島が不釣り合いというか、なんというか。

島自体は美しい。
アート自体はすばらしい。

でも、このふたつが、
なんだかこう、ワタシの中でつながらなかったんだよねぇ。

単に、芸術に対する造詣がないだけ、かな。
たわごとでゴメンネ。

nao9480.jpg

もし、また直島にくる機会があれば、
海に入りたい!
もっと、自然そのものとたわむれたい!

そう、強く思いました。

その他の中国・四国・九州 | comments(7) | trackbacks(0)


comments
海がすご~くきれいで感動しちゃいますね!!
アートなかぼちゃ!私好きだわぁ~^^

でも、まりぃさんがいうよに人の手が加わると
本来、自然できれいなものが失われつつあるように
私も思います。切なくなりますね。
芸術際でアートに触れるっていいですね!
かぼちゃもおもしろいし♪
↓犬島の精錬所の写真はぐっと心をつかまれる感じで興味ありありです。

行ってみたくなりました^^
ついったより、お邪魔します♪
直島の写真、きれいで感動しました~
きっと、行って直に感じないと、わからないことがいろいろあるんだろうな~と、思いました。
アートも建築も好きなので、必ず行きたい場所のひとつです。
その夢が、ぐっと膨らみましたよ♪
空も海も瀬戸内海とは思えないくらい(笑)めちゃめちゃきれいですね~。いい色してますね。
黄色いかぼちゃも以前訪れたときは曇りがちだったので、まりぃさんの写真のとは別物みたいです。
こんなに天気よかったなら地中美術館の四角く天井が抜けた部屋(モネの絵があるんでしたっけ・・・)、さぞかし気持ちよかったことでしょう!

今回家プロジェクトまでは行かれなかったとのことですが、またの機会にはぜひ「南寺」には行ってみてくださいね。
体感型なんですが、いろいろ奥が深くて衝撃ですよ・・・自分の体が健全なのか?と心配になるかもです(微笑)
そんな家プロジェクトも数が増えてるみたいなので、直島ではあまり時間ないかもしれないんですが、1つか2つは頑張ってまわりたいと思っています♪
***いつもコメントありがとうございます***


◆みゅうさんへ◆
この日は暑かったのですが、すごく天気が良くて、
自分でいうのもおこがましいですが、キレイな写真になったなぁと思います^^
アートなかぼちゃは直島のシンボル的な作品ですから、
いつか直島を訪れる機会があれば、ぜひぜひ見てくださいね♪
地中美術館もベネッセハウスの方も同じ安藤忠雄さんの設計で、
島の景観に配慮されていて、建物自体は島にすごく溶け込んでいるのですよ。
それはね、もう驚きというか、感動というか。
で、もちろん、アートもすばらしいんですよ。
ただ、アートを売りにせずとも、美しい島なのになぁ…ってそこが残念に思えるんです。
この景観もすべて含めてアートだというのなら、
それはもう本当にすばらしいと言えると思います。


◆ななかさんへ◆
直島も犬島も、以前から行きたいと思ってはいたのですが、なかなか…で、
今回、この芸術祭がキッカケを与えてくれたのかなぁ~って思います^^
有名なかぼちゃともご対面できましたしっ♪
↓犬島は今でも住んでおられる方がいらっしゃいますが、
ななかさんが以前、行かれていた軍艦島に似ているかもしれませんね。
犬島に行って、ワタシはますます軍艦島の方にも行ってみたくなりましたよー。


◆うきさんへ◆
ツイッターからわざわざお越しいただき、ありがとうございます!!
直島、本当に美しい島でしたよー^^
アート作品も、ワタシはほんの一部を駆け足で見ただけでしたが、
それでも、じゅうぶんに楽しむことができました。
直島は世界でも有名なアートの島らしいので、
興味がおありなら、ぜひぜひ一度行ってみてください♪
芸術祭開催中は活気があっていいけれど、
終わってからの方が、逆にゆっくり見れるかもしれないですね^^


◆おかぽんさんへ◆
ワタシも瀬戸内海ってあまりキレイなイメージがなくて…ほんとゴメンナサイです^^;
この日もすごく暑かったけれど、夏ならではの写真が撮れたかな、という気がします。
今回、整理券の都合で、ベネッセの方を優先したため、
家プロジェクトは断念せざるを得ない状況になってしまいました。
(犬島も精錬所が絶対に見たかったので、家は行けずじまい…)
ワタシ個人的には、美術館より家プロジェクトの方が感動できる予感がするんですよね。
でも、今回、宿題を残したということで、また直島に行く理由ができて、ヨカッタかも(笑)
「南寺」もすごく人気が高くて、なかなか入れないという噂ですね。
地中美術館も日によっては、お昼過ぎに整理券配布が中止になったり。
お盆間近で、訪れる人がグッと増えているみたいです。
おかぽんさんがいつごろ行かれるのかわかりませんが、
芸術祭開催中は、直島へは早めの渡島が大原則なのかもしれませんね。
ぜひぜひ楽しんできてくださいね!!
はじめまして。

青い空、青い海。自分が実際行ったわけでも、また
この目で見たわけでもないですが、その綺麗さが伝わる
写真ですね!

ただ、自分もまりぃさんのいう「アートと島が繋がらない」に
同感ですね。せっかくのすばらしい自然の風景なのに・・・
って感じました。自然は自然、アートはアートで楽しみ
たいですよね。なんて思ったりしました(笑)

また訪問させていただきます!
***コメントありがとうございます***


◆spoofさんへ◆
こんにちは!
ご訪問&コメント、とってもうれしいです。
ありがとうございます!!
アートと島がつながらない、共感していただけましたか?
おそるおそる追記に書いてみたんですけど(笑)
アート作品の中でも、流木を使った作品があって、
そういうのは島っぽくてイイなぁとは思ったんですけど…。
ワタシもまた訪問させていただきます。
どうぞよろしくお願いしますねッ!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。