広告
prev ≪2017 10 │ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031next

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)
鳥取を離れる前に、ぜひとも行っておきたかった
『世界砂像フェスティバル』に行ってきました。

砂像フェス1450
Nikon D40+SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM(以下同)
砂像フェス2450

そもそも、世界砂像フェスティバルとはなに?
ということなんですけども。

「世界の童話」をテーマに、
世界トップレベルの砂の彫刻家10名が
その腕を競い合った、砂像選手権です。


砂が織りなす、
きめ細やかで美しい芸術作品の数々を
わたくしのつたない写真で
ほんの少しお伝えできれば、と思います。

選手権というからには、
ちゃんと、優勝・準優勝作品が選ばれておりますので、
まずは優勝作品からご紹介!

さまよえるオランダ船1400 さまよえるオランダ船2400

【さまよえるオランダ船】マテイン・リガース(オランダ)

1976年、強大な嵐に襲われ、数日間停泊した一隻の船。「明日は復活祭。何としても喜望峰を回る」と無理に出航するものの、すさまじい嵐に船長以外はみな凍死。船長一人が乗る船は、今もさまよい続け、悪天候のときにだけ、その幽霊船「さまよえるオランダ船」を目にすることができるのだとか…。
(パンフレットより要約・以下同)


こわー!
この砂像の船長、こわーーーーー!!(笑)

でも、すごい迫力&作りが細かいでしょう?
はじめはこれが優勝作品だと知らずに見ていたのですが、
やっぱりいちばんインパクトがあったのは
この作品でした。

この船長の顔の裏に、
肝心のオランダ船が描かれているんですけど、
そっちは写真撮り忘れました…失態。
だって、この船長のインパクトが強すぎて…!!(笑)



続きましては、準優勝の2作品です。

ゴミ集め男400 湖の怪物400

左:【ゴミ集め男(時間つぶしについての物語)】ヤン・セレン(ドイツ)

昔々。何もすることがなかった男が、ある日、道端のゴミ拾いに面白さを見出し、毎日ゴミを集め、家に持ち帰るようになりました。それを見た近所の人たちも我先にゴミを拾うようになり、男がいくら早起きしてもゴミを拾えなくなると、ゴミ集めの関心が失せて、男は以前のように何もせずとも楽しく暮らすようになりました。

右:【湖の怪物・オゴポゴの伝説】カーレン・フラリック

昔、悪魔に取りつかれた先住民の男が湖のほとりで賢人を殺してしまいます。神々の怒りを買い、大蛇に変えられ湖に沈められた男。それ以降、湖を航行する際には生け贄を捧げるならわしになりました。それを知らずに人が通ると、大蛇は大暴れ。その大蛇の怪物こそが「オゴポゴ」なのです。


砂像の裏には、
秘められた数々の童話があるのね…。
※要約するのん、疲れた(笑)本職なんだけどねぇ。。。

そして、どの作品も
やっぱり芸が細かいよね…。
ホント、ため息が出ます。

砂像あれこれ500

他にも、このような作品がいろいろと。

『夢をかなえるゾウ』で一躍有名になった神様、
ガネーシャもいましたよ~。

砂像フェス4250 砂像フェス3250

そして、会場では
鳥取の名産品や地元のグルメ、
さらには、鳥取にまったく関係のない
トルコアイスやアジアン雑貨などなども楽しめます(笑)
ランチを兼ねて、訪れてもヨシ。
小腹がすいても、だいじょうぶ。

わたし自身は旦那に娘を預けてきたので、
かなり急ぎ足の鑑賞&撮影になっちゃったのが残念ですが、
じっくり見て回ったら、割と時間がかかると思います。

会場が鳥取砂丘の近くなので、
砂丘見物を兼ねて、寄っていただくと、
けっこう時間がつぶせると思いますよ!(^^)

GWも終わり、
皆さん、娯楽費を使い果たされたかもしれませんが(笑)
鳥取に来られることがあれば、ぜひぜひ!


●世界砂像フェスティバル
http://www.tottori-inaba.jp/sazofes/

[開催期間] 2009年5月31日まで

※会場には駐車場がありません。
HPをご覧の上、シャトルバス等をご利用ください。


※ちなみに、わたしは
会場の真ん前で旦那に車からおろしてもらったので、
らくらくアクセスでした。
地元民の特権でごめんなさい!(笑)


砂像の魅力にヤラれそうになった方は、ぜひぜひポチッを!
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
鳥取 | comments(-) | trackbacks(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。