広告
prev ≪2010 08 │ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031next

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)
島根県立美術館で開催されている企画展、
“手のなかの空 奈良原一高1954-2004”
行ってきました。

ikko1500.jpg

写真家・奈良原一高

【プロフィール】
福岡県大牟田市に生まれる。本姓は楢原。1950年、松江高校卒業。1954年中央大学法学部を卒業し、早稲田大学大学院芸術専攻(美術史)修士課程に入学。前衛美術に傾倒し、1955年には、池田満寿夫、靉嘔らが結成したグループ「実在者」に参加。1956年、初個展「人間の土地」で、大きな反響を呼んだ。1958年、個展「王国」で日本写真批評家協会新人賞を受賞。1959年、東松照明・細江英公・川田喜久治・佐藤明・丹野章と、写真家によるセルフ・エージェンシー「VIVO」を1962年結成(1961年解散)。『ヨーロッパ・静止した時間』(1967)で、日本写真批評家協会作家賞、芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞を受賞。1986年『ヴェネツィアの夜』に対して、日本写真協会年度賞を受賞。1996年に紫綬褒章を受章。2002年、パリ写真美術館で、2004年、東京都写真美術館で回顧展が開催されるなど、国内外で高く評価されている。東京都在住。
(島根県立美術館サイトより引用)


早いうちに、この感動を書き留めておかなくちゃ!
と、思ったんだけど。


なんかね、言葉が見つからない。


いちばん最初に、
彼の処女作である「無国籍地」の写真に
目が留まったんだけど、
なぜか、勝手に涙が出てきた。

自分でもビックリした。

写真を見て、
自分とはまったくつながりのない人の
(いわば他人の)写真を見て、

アタシなんで泣いてるんだろ…?

何かが確実にココロを揺さぶったんだろうけど、
それを言葉に置き換えることができない。

というか、その正体が
自分でもよくわからない。


奈良原一高という人の写真を
はじめて見たけれど、
秘められた強さがいっぱいつまった写真だった。
ものすごく奥行きの深い写真だった。

写真の中に写っている人、物、風景。
そこにはいろいろな物語やいろいろな想いが、
垣間見えたような気がする。


やっぱり、ワタシは“行間”が好きだ。
言葉でも写真でも。
そう、あらためて気づかされた。

  ・
  ・
  ・

現在、島根県立美術館では
「この夏、写真を楽しむ。」をテーマに、

佐野史郎写真展「あなたがいるから僕がいる」
りす写友会写真展「しゃしんわ」
『リメンバーしまね』的写真展 ~裏ネタ・再発見あります~

なども開催されています。
写真好きな方もそうでない方も
かるーく楽しめる内容となっていますので、
お近くの方はぜひぜひ足を運んでみてください!


***--------------------------------------------***


県立美術館、
実はワタシのお気に入りスポットです。

ただ散歩するためだけに、
フラッと行ったりします。

宍道湖畔にあるので、
ロケーションが抜群なのですよ♪

ikko3480.jpg

触れると幸せになるという、
宍道湖うさぎと遊んだり。

ikko4480.jpg

宍道湖からの風を受けながら、
ボーッとたたずんでみたり。

ikko6480.jpg

館内のレストラン、
“ベッキオロッソ”で休憩したり。

ikko5480.jpg

あるときには、
ぶっピィ(日本海テレビのキャラクター)と
一緒に写真を撮ったりして、

なかなか楽しいのです。

宍道湖名物の夕日も見ることができるので、
観光の方にもオススメですよ(^^)
※残念ながら、ワタシはまだ夕日を見たことがありませんが…。


明日からしばらく帰省します。コメントへのお返事等は翌月、自宅に戻ってからとなります。
どうぞご了承くださいませ。


ご訪問いただき、どうもありがとうございます。
皆様のポチがとても励みになっています。
スポンサーサイト

島根 | comments(7) | trackbacks(0)
前回の記事でも少し触れましたが、
先日、ことしはじめての海水浴に行ってきました!

kitaura1500.jpg

松江市美保関町にある
“北浦海水浴場”

昨シーズンは行きそびれてしまったので、
松江に引っ越してきてから、はじめての海です。

kitaura2500.jpg

このあたりでは有名な海水浴場らしいんだけど、
とってもキレイでびっくりした。

神戸出身のワタシにとって、
「海=須磨海岸=キタナイ」
という図式ができあがっているので(苦笑)

山陰の海水浴場はどこに行っても、水がきれいで、
この北浦もゴミひとつ落ちてなくて、ちょっと感動モノ。

しかも、お盆過ぎの平日ということで、
人も少なくて、めっちゃ快適デシタ♪

kitaura3480.jpg
※メタボな旦那、自主規制中(笑)

次女にとっては、生まれてはじめての海だったんだけど、
まーーーったく泣かないの。

泣くどころか、足をバタバタして、水しぶきをあげて
かなり楽しんでる様子。

いやー、おかん、ビックリしたよ。
なんてったって、長女のときは………

kitaura7480.jpg
※メタボじゃないけど、ワタシも自主規制(笑)

コレ↑だもの(笑)
この表情の違い、なんなんだ?



と、余談はさておき。

kitaura5480.jpg

さすがの次女も、はじめての海で疲れたのか、
この後、お昼寝タイムに突入。

その間、長女はというと…。

kitaura4500.jpg

海には入らず、砂遊びに興じておりました。
なんでだろうねぇ?
小さいコドモって、海より砂浜の方が好きなんだよねぇ。

でも、楽しかったみたいなので、
ヨシとしますか。

ワタシも例の須磨図式↑のせいで、
海で泳ぐのは、あんまり好きじゃなかったんだけど(苦笑)
今回の海は気持ちよかったなー。

ことしはもう無理っぽいけど、
来年もまた海に行きたくなりました♪

kitaura6500.jpg


海は楽しいけど、案の定、日焼けしてしまいました。うぅー。

ご訪問いただき、どうもありがとうございます。
皆様のポチがとても励みになっています。

島根 | comments(6) | trackbacks(0)
きのう、8月19日。
次女は無事にハーフバースデー
迎えることができました。

half_ri500_1.jpg

きのうはたまたま、旦那がお休みだったので、
海に行ってきました。

そのときの様子は、
またあらためて、お伝えするとして…。



6ヶ月を迎えるにあたり、
この日に離乳食をはじめようと思っていました。

みんなが食事をする様子を見て、
4ヶ月の頃から、異様に興奮していた次女。

やっと、やっと、
ごはんが食べられますよーーー!!



と、その前に!



次女、もったいぶって、ゴメンネ。

実は、離乳食の前に
どうしても、やっておきたいことがあるのです。

それは……。



half_r480.jpg

これです、お食い初め!

「え?お食い初めって、百日祝いでしょ?」
と、画面の前で思った方。
的確なツッコミをありがとう。

いや、なんつーか、その、
二人目ってテキトウになるよね(笑)

なんとなしにタイミングを逃してきたんだけど、
まったくやらないというのはイヤだったので、
離乳食開始と同時にやっちゃおう!と計画していたのです。

これぞ、ホントのお食い初め、ってね(笑)

実はきのうは仏滅だったんだけど、見て見ぬフリ。
ハーフバースデーなんだから、
悪い日であるハズがない!!と、信じて。
(でも、ウルサイから親には内緒の方向で…)



えっと、カンタンではありますが、
お食い初めの御膳はコチラ。

half_r3460.jpg

half_r2460.jpg

*お赤飯*
生まれてはじめて、手作りしたお赤飯。
といっても、「赤飯用ゆであずき缶」を使用したので、
手作りと呼んでいいものか、どうか?

*しじみのおすまし*
ハマグリが定番なんだろうけど、
せっかく、松江に住んでいるので、宍道湖のしじみを使って。
いま、旬だしね。

*海老と蓮根の煮物*
長女のとき、春だったので、海老と筍の煮物を作って、
今回も同じにしようかと思ったんだけど、
水煮よりは泥つき蓮根の方が美味しいかなぁと思い、こちらに。

*歯固めの石*
出雲大社でいただいてきました。
お宮参りも出雲大社だったので、ご縁を大切に。
長女が選んでくれた石も混ざっているので、形がいびつ。

*紅白かまぼこ*
歯固めの石だけだと、隙間があいたので入れてみた。(え?
梅干しがあれば、よかったんだけど、
我が家は梅干しを常備していない家なので…。

*鯛の焼き物*
松江市内の仕出し屋さん、“鹿島屋”さんでお願いしました。
突然のお願いにも関わらず、快く作ってくださって感謝。
鯛の上の水引と寿の文字は、100均で購入した金封を分解して、飾りつけ。



ふぅー。
やっと、お食い初めが終わりました。

次女、いよいよごはんの時間だよーーー!
待たせてゴメンネッ!

そして、ここまで読んでくださった皆様もアリガトです。
あと、もう少しですので、どうぞ、もうしばらくおつきあいを!(笑)



さ。ここでようやく。
次女、生まれてはじめてのごはん。

離乳食スタートです。

half_r4480.jpg

half_r5480.jpg

half_r6480.jpg

長女ははじめての離乳食の際、
「ベェーッ」とおかゆを吐き出してしまいましたが、
次女はめっちゃ喜んで食べてくれました。

あげたら、いくらでも食べちゃいそうでしたが、
初日なので、1さじでストップ。
でも、美味しそうに食べてくれて、ヨカッタ!

離乳食なんて、まだまだ…だと思っていたけれど、
あっという間に大きくなっちゃいますね。



そんなこんなで、
次女のハーフバースデーは
盛りだくさんな一日でした。

こうして、家族そろって
楽しく過ごせたこと、
本当にありがたいです。感謝。

half_r7350.jpg


行事といえば、今度は長女の七五三。七五三が終われば、3歳の誕生日。忙しくなりそう。

長い長い記事を最後までご覧いただき、どうもありがとうございます。
次女へのお祝いがわりにポチッといただければ、ありがたく思います。

コドモのおはなし | comments(12) | trackbacks(0)
書きたいコトがいろいろあるけど、
更新が追いつかない状態。

もうずいぶん前の出来事なんですが、
8月1日に行ってきた、
日御碕ドライブの様子をお伝えします。


***---------------------------------------------***


ドライブのいちばんの目的は、
“出雲日御碕灯台”

hinomisaki1480.jpg

国内では5つしかないという
「世界灯台100選」に選ばれた灯台。

出雲大社から、車で約20分。
お参りのついでに、足を伸ばす人も多いのだとか。

出雲大社は何度か訪れているけれど、
日御碕灯台は、今回がはじめてでした。

hinomisaki2480.jpg

日御碕灯台の特徴は
なんといっても、この高さ!!

石造灯台としては、
日本一の高さだそうです。
※高さの数値に関しては記述がいろいろで、今回はコチラから引用させていただきました。

広角レンズがあれば、
もっと迫力ある写真が撮れたのかもなぁ。

hinomisaki3430.jpg

そして、こちらの灯台、
上部デッキにある展望台まで登ることができます。

しかーし!!

階段数は、なんと約160段!
狭くて、急な階段を登るのは、チョット大変。

ワタシは次女をおんぶしていたので、
長女は自力で上り下りしました。
オトナでも大変なのに、長女、よくがんばった!!

そして、閉館時間を少し過ぎてしまっていたにも関わらず、
快く入れてくださった、係りの方にも感謝です。

hinomisaki4480.jpg

hinomisaki5480.jpg

展望台からの眺めは、もちろんサイコウ!

長女と手をつなぎながら、片手で撮ったので、
いまいちな写真になっちゃいましたが(苦笑)

360℃パノラマ風景で、撮影箇所によって、
写真の雰囲気もずいぶん違うものになりました。

この景色は、
160段がんばって登ったご褒美ですね。


***---------------------------------------------***


灯台の周りを少し散策して、
その後、向かったのが“日御碕神社”

hinomisaki6480.jpg

鮮やかな朱色が印象的。

伊勢神宮が「日本の昼を護る」神社であるのに対し、
日御碕神社は「日本の夜を護る」神社なのだそうです。

伊勢神宮と対比されるだけあって、
とても神聖な空気を感じました。
(と、個人的には思いました)

この日は時間が遅かったので、
とりあえず、お参りのみ。

暑さ対策のため、
最近はどうしても夕方近くに出かけることが多く、
あまりゆっくりできないのが残念です。


残暑が厳しい…とはいえ、ほんのすこーし暑さが和らいできた気がします。ほんのすこーし。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。
よろしければ、お帰り前にポチッとお願いいたします。

島根 | comments(1) | trackbacks(0)
隣県の鳥取まで。

“フロレスタ”のドーナツを
買いに行ってきました。

floresta1480.jpg

ずっと食べてみたいと思っていたのですが、
このたび、ようやく。

floresta2500.jpg

数種類のドーナツを味見して、どれも美味しかったんだけど、
やっぱり、オススメは定番のネイチャーかな。

素材のこだわりを感じられる、素朴でなつかしい味わい。
とってもとってもやさしい味のドーナツでした。
※当たり前だけど、ミ○ドとはぜんぜんちがう…ぼそ…。

うん、これならまた、片道約35km
車を走らせてでも、買いに行きたいぞー(笑)


全国的に店舗展開されており、先月、実家のすぐ近くにもお店がオープンした模様。

ご訪問いただき、どうもありがとうございます。
皆様のポチがとても励みになっています。

おそとごはん&おやつ | comments(10) | trackbacks(0)

【カメラ】Loveトイカメラ。

2010/08/14 Sat 07:49

か、買ってしもた……。

lovetoy450_1.jpg

トイカメラつきのムック本。
“Loveトイカメラ”

6月に発売されていたらしいんだけど、
書店で見たのは初めて。

実物を見ちゃうと……やっぱりほしくなった(笑)


以前、このブログで、たった一度だけ登場したことのある
ジュースカメラ以来のトイカメラ。
(そのときの記事はコチラ→

実は、あのジュースカメラ、
フイルム1本分しか使っていなかったのに、
長女に見事に破壊されちゃって…(泣)

買い直して、また破壊されたらイヤだし、
フイルムカメラはお金もかかるし、ってことで、
自粛していたのにもかかわらず、買ってしまった(笑)


滅多に使わないとは思いますが、
また写真を撮ったら、アップしますねー!


最近、またレンズもほしくなってるんだよね。ヤバイヤバイ(笑)

ご訪問いただき、どうもありがとうございます。
よろしければ、お帰り前にポチッとお願いいたします。

カメラ&レンズのおはなし | comments(6) | trackbacks(0)
『さくらんぼ日記』@shizukunさんのところで
お見かけして、絶対ほしかったモノ。

ryourikids320.jpg

“きょうの料理キッズ”

やっと、やっと買えました♪

チビベビ連れて、本屋に行くのって
けっこう大変なんだよねー(苦笑)

まず、長女がキッズコーナーに直行して、
しばらく動かないし。
そうしているうちに、次女がグズりだすし。

結局、何も見れない&買えないまま、
帰ってくるパターンがほとんど。



なので、1回目の放送には間に合わなくて…(汗)

8月16日からの放送分(1回目と同じ内容です)で
キッズ料理をお勉強しまーす!
もう、録画予約はしてあるので、今度こそバッチリよ♪


8月16日からの放送なら、まだ間に合うよ。興味ある方は本屋へGO!
放送が終わっても、レシピ本or読み物としてもおもしろいテキストだと思います。


ご訪問いただき、どうもありがとうございます。
皆様のポチがとても励みになっています。

コドモのおはなし | comments(2) | trackbacks(0)
ホテルが近かったので、日本三名園のひとつ、
“岡山後楽園”をお散歩してきました。

kouraku1500.jpg

雲が出てきて、あいにくな写真になっちゃいましたが、
日本庭園っていうのは、やはり美しいですね。

kouraku2500.jpg

入園料もオトナ350円と安いので、
ちょっとお散歩するにもイイですよねー。
小さなコドモを連れていると、
少々、手を離しても、危なくないトコロが安心です。







とはいえ。

kouraku3450.jpg

この写真だとわかりにくいと思いますが。

長女、NHK教育『いないいないばあっ!』の
“ぐるぐるどっか~ん!”を踊っています。



なぜ、後楽園のどまんなかで、いきなり踊る??
しかも、「おかーさん!(もいっしょに!)」と言われ、
三十路過ぎたオバハンも「どっか~ん!」って踊りましたがな…(苦笑)
通りすがりの人に白い目で見られましたがな……。

ま、まぁ、いいけどね。
長女は楽しかったみたいやし。
(いや、やっぱりよくない…か・苦笑)


ダンスのあとは。

kouraku4450.jpg

桃太郎麦茶で一息。

なんでもかんでも、桃太郎言うたらエエもんちゃうでー!
と、思ったけど、飲んでみたら、意外と美味しかったw
お値段も150円で、ほかのお茶と変わらないしね。
ご当地ネタとしては、イイかもね♪

kouraku5450.jpg

余談ですが。

8月15日まで“幻想庭園”と題して、
夜間に特別開園を行っているそうです。

ワタシたちは犬島での疲れもあり、
夜までいることができませんでしたが、
夕方、ワタシたちが帰るのと入れ替わりに
どんどん人がやってきたので、けっこう人気なんでしょうね。

幻想庭園、見られなかったのが、
チョット残念でした。


岡山の後楽園、金沢の兼六園、それぞれ2回ずつ訪れました。
水戸の偕楽園にはまだ行ったことがありません。


きょうもご訪問いただき、どうもありがとうございます。
皆様のポチがとても励みになっています。

その他の中国・四国・九州 | comments(5) | trackbacks(0)
引き続き、“瀬戸内国際芸術祭2010”の話題を。

犬島を訪れた翌日に向かったのが、直島
岡山・宇野港からフェリーで約20分のところにあります。

nao1500.jpg

いまさら説明するまでもないと思いますが、
直島といえば、アートの島として有名。
国外からの観光客も多いことで知られています。

芸術祭に関係なく、
一度は行ってみたかった島。

このたび、初上陸です。

きょうは直島での様子をお伝えしますね!


***------------------------------------------------------***


直島・宮浦港に着き、
まず、目に飛び込んでくるアート作品といえば。

nao3500.jpg

コレです!
巨大な赤かぼちゃ。

上の写真じゃわかりにくいと思いますが、
このかぼちゃ、中に入ることができるんです。

nao5370.jpg

一見、かぼちゃの模様に見える黒い点は、
ところどころ、穴になっているんですよね。

で、こうして、かぼちゃの中から
外の風景が見えるのです。
なかなかおもしろかったですヨ♪


***------------------------------------------------------***


港を離れ、まず向かったのは“地中美術館”

先に、美術館近くのチケットセンターで
チケットを購入する必要があるんだけど、
平日でも入場規制の整理券が配られていました。

※ワタシたちの待ち時間は15分程度だったけど、
これが休日となると、けっこう待たされるかもしれません。要注意。


nao4370.jpg

肝心の美術館はといいますと、
敷地内写真NGでございます。

※受付で係りの人が何も言わなかったので、知らずに何枚か撮っちゃったよ。
(展示作品以外は撮っていいのかと思ってしまった)
この場を借りて、お詫び申し上げます。


こういうアート作品って、
ヒトによって捉え方も感じ方も違うだろうし、
とにかく、自分自身の五感で触れてほしいな。

そんなことを思った、美術館でした。


***------------------------------------------------------***


さて、お次は“ベネッセハウス”に行くぞーーー!

と、はりきった矢先。

初日の疲れが出たのか?
娘たち、ふたりとも車の中で撃沈……。

起こしてまで行くのもかわいそうなので、
ワタシひとりで行くことになりました。

ベネッセの敷地内は宿泊者以外の車は入れないので、
シャトルバス乗り場がある“つつじ荘”で降ろしてもらい、
シャトルバスを待つ間に…。

nao6480.jpg

これぞ直島!なかぼちゃ。

“瀬戸内国際芸術祭2010”公式ガイドブックの
表紙も飾っているかぼちゃ。

これを撮らずに何を撮る?なかぼちゃ。
(しつこい・笑)

実物を見て、最初はコーフンしたんだけど……。

けっこう唐突なトコロにポツンとあるのよね。
違和感と存在感が奇妙なバランスを保っている感じ。
こういうのが、まさにアートなのかしらね。
ここにあるからこそ、かぼちゃと海と空の競演が見られるわけだし。


***------------------------------------------------------***


かぼちゃに別れを告げて、
シャトルバスで“ベネッセアートミュージアム”へ。

nao11480.jpg

こちらも残念ながら、撮影禁止。

ということで、皆様にはベネッセハウス入口付近から見える、
瀬戸内海の景色をお楽しみください(笑)

nao8480.jpg

で、肝心なミュージアムはどうだったのかというと、
娘たちが気がかりで、超駆け足鑑賞!

イロイロ考える暇もなく、
出てきてしまいました(苦笑)

単にミュージアムに行っただけ、みたいになっちゃった。
まぁ、しかたないよね。
そういうのも覚悟で、コドモを連れて行ってるからさ。


***------------------------------------------------------***


かぼちゃ以外にも屋外作品はあるし、
ほかにも“家プロジェクト”“直島銭湯”なども
見て回りたかったんだけど、
長女がまーーーーーったく起きないので、
あきらめて、岡山に戻ることにしました。

結局、フェリーで岡山に戻ってからも、
しばらくは眠り続けてたなー。
よっぽど、疲れてたのかな(^^;)



そんなこんなで、直島めぐりは幕を閉じました。

結局、今回の芸術祭では、
犬島の精錬所、直島の地中美術館、アートミュージアム、かぼちゃ、
を、見ただけだったなぁ…。

ま、でも、予想通りというか、
行く前からこんなもんだと思っていたので、
自分的には満足しています。

芸術祭は10月末までやっているので、
お金とタイミングがあれば、また行きたいなぁ(笑)

nao2500.jpg


直島ってもっと遠いイメージがあったんだけど、意外と近かったな。

ご訪問いただき、どうもありがとうございます。
皆様のポチがとても励みになっています。

その他の中国・四国・九州 | comments(7) | trackbacks(0)
念願叶って。

“瀬戸内国際芸術祭2010”
行くことができました!!

瀬戸内国際芸術祭2010

瀬戸内国際芸術祭2010とは・・・

「アートと海を巡る百日間の冒険」と題し、瀬戸内海に浮かぶ島々(直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島)および高松港周辺で展示されているアート作品やプロジェクトを体感できるとともに、その島の文化や暮らしに出会うことができる、現代アートの祭典である。

【開催期間】2010年7月19日~2010年10月31日

詳しくは公式サイトへ。
http://setouchi-artfest.jp/


行ってきました!とはいえ、
すべての会場、すべての作品を回るのは
短期間では無理なので、ほんの一部だけ。

だけど、本当にすばらしい作品と風景に
出会うことができました!!

きょうは、ワタシがいちばん感動した、
犬島の精錬所の様子をお伝えしようと思います。

お時間の許す方はぜひぜひ!


***------------------------------------------------------***


今回の芸術祭の舞台では、
唯一、岡山県に属する島、それが犬島
(あとはすべて香川県)

岡山・宝伝港から船で約5分のところに、
その島はありました。

inu1500.jpg

青い空、碧い海。
船を下りた瞬間から、そこは自然が織り成すアート。

美しい風景を眺めながら、
約5分歩いていくと、精錬所の入口にたどりつくことができます。

inu2460.jpg

犬島アートプロジェクト“精錬所”

犬島のメインプロジェクトである精錬所。
かつて、銅の精錬で栄えた場所ですが、
銅の大暴落により、精錬所は閉鎖。

現在、その跡地が「近代化産業遺産」に認定され、
アートプロジェクトとして、復活をとげたのです。

inu3480.jpg
※発電所跡。レンズの画角の問題で中途半端な写真ですが。

inu4480.jpg
※犬島精錬所の特徴である、カラミ煉瓦。

inu5480.jpg
※屋上からは美しい瀬戸内海が見えます。

いまや、すっかり
廃墟と化してしまった精錬所。

だけど・・・。





inu7480.jpg

inu9480.jpg

inu8480.jpg

昔々、そこにはたくさんの人々が存在した。

という、息の根が感じられる気がしました。

この美しい島で、美しい海のそばで、
何を想い、生きていたのだろう?
何を感じ、この島を去っていったのだろう?と、
当時の人々に想いを馳せると、
なんだかせつなさがこみあげてきました。

自然が織り成す景観と
ヒトが作り上げた芸術、
そこにある人々の想い。

それがワタシが感じた、精錬所でした。


***------------------------------------------------------***


精錬所の建物内は撮影禁止ですが、
こちらが三分一博志氏の建築&柳幸典氏のアートワークです。

皆様ご自身でぜひぜひ体感していただきたいと思います。




そして、今の季節、めちゃくちゃ暑いので、
熱中症対策は必須デス!!

精錬所内、チケットセンター内等にカフェがありますので、
そちらも利用しながら、水分補給&涼をとってくださいね!

inu10480.jpg

犬島ジンジャー。

レモン&炭酸の爽やかさと
ジンジャーの辛みが、
火照ったカラダにはサイコウでした!

inu6500.jpg


この日、旦那は岡山で仕事だったので、ワタシ&チビベビだけで犬島上陸しました。
犬島は車の乗り入れができないので、次女はずっとおんぶ。長女もがんばって歩いてくれました。
でも、その大変さが吹っ飛ぶくらい、精錬所はすばらしかった!!


長い記事を最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。
よろしければ、最後にポチってからお帰りくださいませ。

その他の中国・四国・九州 | comments(6) | trackbacks(0)
東京在住のオトモダチが、
このたび、めでたくご結婚されました!

オメデトウ!!

・・・ということで。

結婚パーティで来賓の方々に配られたという、
プレゼントをいただいてきちゃいました。

koukan450.jpg

つーか、ワタシ、そのパーティに出席してないんですけど…。
東京へモノだけもらいに…。

ずうずうしいにも程があるw

koukan2400.jpg

コレ、手ぬぐいなんだけど、
可愛い柄だよねー♪

ネコちゃんずのパパ&ママさんらしい、
プレゼントだなぁ。

記念のお品、大切にします。
本当に本当にアリガトウ!!

めーーっちゃ短い時間だったけど、
会えてうれしかったよー♪


【ずうずうしい余談】
・その1
仕事終わりに、わざわざホテル近くの駅まできてもらった。
(ほんまアリガトウ!)

・その2
実は、この日、会うのが3回目だった。ハズ。
(えぇぇぇぇっ!!??)


ワタシからは、ささやかながら、松江&出雲のおみやげを。物々交換楽しかった♪

ご訪問いただき、どうもありがとうございます。
皆様のポチがとても励みになっています。

雑感・ヒトリゴト | comments(5) | trackbacks(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。